項目



突然ですが、皆さんはチャクラとカラーについてお考えになった事はございますか。そもそもチャクラとは、一体何なのでしょう。実は古代インドのサンスクリット語で、車輪・光の輪と呼ばれている物なのです。これは、私たちの体内の中心線に沿って7つ存在し、他にも数種類あると言われています。チャクラが停滞していると、体調も運気も悪くなり、幸福な人生を送る事が出来ません。そこで、チャクラとカラー・身体の部位について簡単にご説明いたします。気になるカラーがあなたを励まし、勇気づけるものとなる事を祈って…。

 

第1チャクラ…レッド・尾てい骨

       エネルギッシュでパワフル、行動力のあるイメージです。ポジティブで現実的です。ですが、衝動的で攻撃的、自己中心的になり  

       がちな面もあります。生きる事への意志・欲求、パワーや現実に生きる事に重点を置き、上手にレッドを利用して行きましょう。

 

       ブラック・尾てい骨

       品位があり格式が高く神秘的なイメージを持っています。反面、闇や影、権力的であったり支配的な側面も持っています。反抗的         

       にならず、保護力や力強さをアップさせて過ごしましょう。

 

第2チャクラ…オレンジ・仙骨・丹田

       陽気で朗らか、親しみやすさを持つイメージです。ですが、無責任・依存・禁欲的でもあります。情感や情緒を大切にし、想像力         

       を働かせ恐れずに前へ進んで行きましょう。

 

第3チャクラ…イエロー・胃

       希望を持ち、意欲的で知的なイメージです。反面、軽薄・散漫・神経質だったりします。個人の意思や知性を働かせ、不安をなく      

       して行きましょう。

 

第4チャクラ…グリーン・心臓

       バランスを取り調和する自然体なイメージです。逆に心が狭かったり優柔不断・頑固だったりもします。普遍的な愛を信じ、癒し

       や調和を与えられるようになりましょう。

 

       ピンク・心臓

       優しさや思いやり、無条件に愛する心を持つイメージです。また、若さの象徴でもあります。逆に、自己否定感・不信・不満感を

       抱くでしょう。無条件の愛を持ち、幸福感や満足感を得る毎日を心掛けましょう。

 

第5チャクラ…ブルー・喉

       コミュニケーション・自由な感情表現・創造性をイメージします。ですが、憂鬱感・孤独・寂しさの強い現れも持っています。

       コミュニケーション・自己表現力を活かし、受容する心を持ち、平和に感謝しましょう。

 

第6チャクラ…ロイヤルブルー・眉間

       内なる世界を持ち、高次の精神性を高めるイメージです。しかし、神経過敏で傷つきやすさも持っています。洞察力・直観力を

       働かせ、高次の精神性へと繋いで行きましょう。

 

第7チャクラ…バイオレット・頭頂部

       高次の意識・霊性を持ち、統合・神聖さと繋がりを持てるイメージです。反面、コンプレックスや深い落ち込み・ストレス感に

       悩まさせる事もあるでしょう。変化・変容を期待し、高い精神性や奉仕の心を持つと良いでしょう。

 

       ホワイト・頭頂部

       清潔・浄化・リセット・希望を意味しています。反対に、無・空虚・弱さも持ち合わせています。霊性を高め、リセットし、

       あまり繊細にならない様に過ごしましょう。

 

第8チャクラ…マゼンタ・頭上

       このチャクラは体内にはなく、頭上20㎝~30㎝の所に存在するものです。博愛・友愛を持ち、全体と細部を把握するイメージ

       です。ですが,犠牲的・独善的であったり失望してしまう事もあるでしょう。博愛や献身・個を超えた意識を利用し、自分を労り

       ましょう。